成果報酬型契約のメリット・デメリットとは?

成果型契約のメリットとしては、以下があげられます。

発注リスクが少ない

 成果報酬型契約は、成果が出ない場合には費用が発生しないため、発注側のリスクが低くなります。

成果が出やすい

 成果報酬型契約は、成果が出た場合にのみ費用が発生するため、受注側は成果を出すために最大限の努力をする傾向があります。

包括的な依頼が可能

  成果報酬型契約は、成果物の利用開始や、成果物が一定期間利用され続けた場合に確定する場合もあります。 
そのため、長期的な依頼や包括的な依頼が可能になります。

以上のように、成果報酬型契約は発注側と受注側双方にとってメリットがある契約形態です。

また、成果報酬型契約のデメリットとしては、以下のものがあります。

  • 成果が確定しないリスクがある

成果報酬型契約の場合、成果が確定しないリスクがあります。
成果が確定しない場合、報酬を請求することができないため、発注者は損失を被る可能性があります。

  • 成果を客観的に判断することが難しい場合がある

成果報酬型契約の場合、成果を客観的に判断することが難しい場合もあります。
成果を客観的に判断することが難しい場合、トラブルに発展する可能性があります。

成果報酬型契約を締結する際には、これらのメリットとデメリットをよく理解した上で、自社にとって適切かどうかを判断する必要があります。

当事務所では
フランチャイズ契約
業務委託契約等の

契約書作成のみならず
契約締結までの
サポートを行っております。


どうぞお気軽にお問い合わせください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です