個人間の自動車売買契約書で押さえておくべきポイントとは?

個人間の自動車売買契約書を作成する際には、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

  1. 当事者の情報:
    • 売主と買主の氏名、住所、連絡先を明記します。
  2. 車両の詳細:
    • 車両のメーカー、モデル、年式、車台番号、走行距離、車両登録番号などの詳細情報を記載します。
  3. 売買価格:
    • 売買価格を明示し、その支払い方法(現金、一括払い、分割払い)を記載します。
    • 支払いの期日や分割払いの場合の詳細なスケジュールを明示します。
  4. 車両の状態:
    • 車両の現在の状態(故障箇所、修理履歴、事故歴など)を詳細に記載します。
    • 売主が保証する内容、例えば、一定期間内に故障が発生した場合の対応などを記載します。
  5. 引き渡しの詳細:
    • 車両の引き渡し日、引き渡し場所、引き渡し時の確認事項を明示します。
  6. 名義変更手続き:
    • 名義変更の手続きについて、どちらがどの部分を担当するかを明示します。
    • 名義変更が完了するまでの間の責任や費用負担についても明示します。
  7. 契約の解除条件:
    • 契約解除が可能な条件(例えば、一定期間内のキャンセルポリシー)やその際の手続きについて記載します。
    • 解除時の返金方法や費用負担についても明記します。
  8. その他の特記事項:
    • 双方が合意した特別な条件や事項を記載します。
    • 例えば、追加の付属品(スペアタイヤ、工具キットなど)の引き渡し、定期点検の証明書など。
  9. 署名欄:
    • 売主と買主の署名および日付を記載します。可能であれば、第三者の立会人(証人)の署名も取得すると良いです。

これらのポイントを押さえて契約書を作成することで、トラブルを未然に防ぎ、スムーズな取引を行うことができます。

4o

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です