契約と約束の違いとは

契約と約束の違いとは何?

契約と約束は、どちらも将来の行為を定めるものです。しかし、法的拘束力という点において、大きな違いがあります。

契約とは

契約とは、当事者間の合意に基づいて、権利義務関係を発生させる法律行為です。民法第535条に規定されています。

契約には、以下のような特徴があります。

  • 当事者間の合意:契約は、当事者間の合意によって成立します。
  • 権利義務関係の発生:契約によって、当事者間に権利義務関係が発生します。
  • 法的拘束力:契約は、法律によって強制される力を持っています。
  • 書面の作成:契約の内容は、書面によって記録されることが望ましいです。

契約の例としては、売買契約、賃貸借契約、雇用契約などがあります。

約束とは

約束とは、将来の行為を行うことを口頭または書面で表明することです。

約束には、以下のような特徴があります。

  • 法的拘束力がない:約束は、法律によって強制される力を持っていません。
  • 任意性:約束は、当事者の任意によって行われます。
  • 書面の作成:約束の内容は、書面によって記録される必要はありません。

約束の例としては、「明日、一緒に映画を見に行こう」「来週、ランチを食べよう」などがあります。

まとめ

契約と約束は、法的拘束力があるかどうかという点において、大きな違いがあります。契約は法的拘束力を持つため、守らなかった場合は、損害賠償請求などの法的措置が取られる可能性があります。一方、約束は法的拘束力を持たないため、守らなかったとしても、法的措置が取られることはありません。

当事務所では
フランチャイズ契約
業務委託契約等の

契約書作成のみならず
契約締結までの
サポートを行っております。


どうぞお気軽にお問い合わせください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です