フランチャイズ契約書作成で必ず押さえておくべき5つのポイント

フランチャイズ契約書作成で必ず押さえておくべきポイント

1. 商標の使用許諾

  • フランチャイズ契約の根幹となる要素です。
  • 使用許諾範囲(地域、商品・サービス等)、許諾期間、使用料などを明確に記載する必要があります。

2. ノウハウの提供

  • フランチャイズビジネス運営に必要なノウハウの内容、提供方法、権利帰属などを明確に記載します。
  • 秘密保持義務についても定めましょう。

3. テリトリー制

  • 加盟店が営業できる地域を限定するかどうかを明確にします。
  • 限定する場合、その範囲と変更方法などを定めましょう。

4. ロイヤリティ

  • 本部に支払う対価の計算方法、支払い時期、支払い方法などを明確に記載します。
  • ロイヤリティの根拠となる売上計上方法についても定めましょう。

5. 中途解約

  • 解約条件、解約手続き、違約金などを明確に記載します。
  • 解約後の商標使用許諾やノウハウの使用に関する取り決めも必要です。

その他、以下の点にも注意が必要です。

  • 契約期間
  • 加盟金
  • 保証金
  • 商品供給
  • マニュアルの遵守
  • 研修
  • 広告宣伝
  • 紛争解決

契約書は、トラブルの未然防止と、

トラブル発生時の重要な証拠となります。

専門家のアドバイスを受けながら作成することを強く推奨します。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です