【NDA・秘密保持契約書】っているの?

NDA秘密保持契約書の必要性

NDA秘密保持契約を締結しないと、

自社の機密情報が漏洩した場合、

企業に重大な損害を与える可能性があります。

NDA秘密保持契約書を締結することで、

情報漏洩のリスクを軽減することが重要です。

NDA秘密保持契約書は、どんな時に必要?

NDA秘密保持契約書は、

自社の秘密情報を外部に開示する必要がある場合に必要です。

具体的には、以下のケースが挙げられます。

1. 企業間での情報共有

  • 共同研究や共同開発を行う場合
  • 業務提携や資本提携を行う場合
  • M&Aや事業譲渡を検討する場合
  • ライセンス契約を締結する場合
  • 見積もり依頼や提案依頼を行う場合

2. 個人への情報開示

  • 業務委託を行う場合
  • コンサルタントに依頼する場合

3. その他

  • 特許出願前に第三者に情報を開示する場合
  • 従業員に秘密情報を持ち出させる場合
  • 情報公開前に関係者に情報共有を行う場合

NDA秘密保持契約書に記載される内容

NDA秘密保持契約書には、以下の内容が記載されます

  • 秘密情報の定義
  • 秘密情報の取扱い方法
  • 秘密情報の保持義務
  • 損害賠償責任
  • 契約期間
  • 解除条件

まとめ

NDA秘密保持契約書は、

トラブル発生時の証拠となります。

そのため、内容をしっかりと確認し、

不明点は専門家に相談するなど、

慎重に作成することが重要です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です