契約書って そもそも必要なの?

多くの場合、契約書が無くても契約は成立しますが・・・・

契約書は、以下のいずれかに該当する場合には必要です

1. 法律で書面作成を義務付けている場合

例えば、以下のような契約は、書面で作成しなければ、契約が無効になることがあります。

  • 不動産の売買
  • 賃貸借
  • 金銭の貸借
  • 請負
  • 委任

2. 高額な取引や複雑な取引を行う場合

高額な取引や複雑な取引を行う場合は、

口頭での合意ですべての内容を明確にすることは難しく、

後日トラブルに発展する可能性があります。

3. トラブルが発生する可能性が高い場合

例えば、以下のような契約は、トラブルが発生しやすいので、契約書を作成しておくことが重要です。

  • 業務委託
  • 共同事業
  • 代理店契約

4. 将来の紛争に備えたい場合

契約書は、将来の紛争に備えるための証拠となります。

契約書に合意内容を明確に記載しておくことで、

後日言った言わないの争いを防ぐことができます。

5. 信頼関係を築きたい場合

契約書を作成することは、相手方に対して誠意を示すことにもつながります。

契約書を作成することで、取引相手との信頼関係を築くことができます。

6.具体的な例としては

以下は、契約書が必要となる具体的な例です。

  • 不動産を購入する
  • 車を購入する
  • 家を借りる
  • 仕事を請負う
  • コンサルティングを受ける
  • 共同事業を行う
  • 代理店契約を結ぶ
  • 投資を行う

7.まとめ

契約書は、トラブルを防止し、円滑な取引を行うために必要です。

上記のようなケースに該当する場合は、

専門家に相談し、

契約書を作成することをお勧めします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です