覚書とは? 契約書との違い

覚書とは

覚書とは、当事者間で合意した内容を記録するための文書です。契約書の一種とされ、法的拘束力を持つ場合と持たない場合があります。

契約書との違い

契約書は、当事者間の権利義務関係を定める文書です。民法第535条に規定されており、書面による契約は、原則として当事者の署名または記名押印を必要とします。

覚書と契約書の違いは以下のとおりです。

項目覚書契約書
目的合意内容の記録権利義務関係の定め
法的拘束力場合により原則としてあり
内容簡潔詳細
形式自由フォーマル
印紙不要の場合が多い必要

覚書が用いられるケース

  • 契約締結前の合意内容を記録する場合
  • 契約の一部事項を補足する場合
  • 契約書よりも簡便な文書で合意を記録する場合

注意点

  • 覚書であっても、当事者の合意内容が明確に記載されていれば、法的拘束力を持つ場合があります。
  • 覚書の内容が曖昧な場合、トラブルに発展する可能性があります。

覚書作成は、専門家に相談することをおすすめします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です