販売店契約と代理店契約の違いとは?

販売店契約と代理店契約は、一見似ているように見えますが、商品・サービスの販売方法、契約上の責任、利益の分配方法などが大きく異なります。

販売店契約代理店契約
商品・サービスの販売方法自らの名義で再販売サプライヤーの代理人として販売
契約上の責任商品の所有権と在庫リスク販売手数料
利益の分配方法販売価格から利益販売手数料
販売価格販売店が自由に設定サプライヤーが設定
販売ノルマ場合によりあり場合によりあり
販売促進支援場合によりありあり

販売店契約とは

  • 販売店は、サプライヤーから商品・サービスを購入し、自らの名義で顧客に再販売します。
  • 販売店は、商品の所有権を持ち、在庫リスクを負います。
  • 販売価格は、販売店が自由に設定できます。
  • 販売店は、サプライヤーに対して販売ノルマを負う場合があります。
  • サプライヤーは、販売店に対して販売促進支援を行う場合があります

代理店契約とは

  • 代理店は、サプライヤーの代理人として、顧客に商品・サービスを販売します。
  • 代理店は、商品・サービスの所有権を持たず、在庫リスクを負いません。
  • 販売価格は、サプライヤーが設定します。
  • 代理店は、販売手数料として利益を得ます。
  • 代理店は、サプライヤーに対して販売ノルマを負う場合があります。
  • サプライヤーは、代理店に対して販売研修販促資料を提供します。

販売店契約と代理店契約 どちらが得?

どちらの契約形態が適しているかは、サプライヤーと販売店/代理店のそれぞれの状況やニーズによって異なります。

以下は、それぞれの契約形態に向いているケースの一例です。

販売店契約が有利な場合

  • 自社のブランドで商品・サービスを販売したい場合
  • 販売価格を自由に設定したい場合
  • 顧客との長期的な関係を築きたい場合

代理店契約が有利な場合

  • 初期投資を抑えてビジネスを始めたい場合
  • サプライヤーのブランド力を借りたい場合
  • 迅速に販売網を拡大したい場合

最後に

販売店契約と代理店契約のどちらを選択するにしても、契約内容をしっかりと理解し、双方のメリットとデメリットを比較検討することが重要です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です