フランチャイズ加盟希望者が加盟を検討する際の懸念材料は

フランチャイズ加盟希望者が加盟を検討する際の懸念材料3点

フランチャイズ加盟希望者が加盟を検討する際の懸念材料は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  1. 初期費用の高額さ

フランチャイズ加盟には、加盟金やロイヤルティなどの初期費用がかかります。
加盟金は、フランチャイズ本部から提供されるブランドやノウハウなどの権利を取得するための費用であり、数十万円から数百万円程度が相場です。
ロイヤルティは、フランチャイズ本部に支払う継続的な利用料であり、売上高の一定割合が徴収されるケースが多いです。

初期費用の高額さは、フランチャイズ加盟の大きなハードルとなっています。
加盟希望者は、自身の資金力や事業計画との整合性を慎重に検討する必要があります。

  1. 本部からのコントロール

フランチャイズ本部は、加盟店の経営に一定のコントロール権を持っています。
具体的には、商品やサービスの提供方法、店舗の運営方法、マーケティング活動などについて、本部から指示や指導を受けることになります。

本部からのコントロールは、加盟店の自由度を制限する一方で、ブランドイメージや品質の維持につながるメリットもあります。
加盟希望者は、本部からのコントロールをどのように受け止めるかを検討する必要があります。

  1. 経営リスクの存在

フランチャイズ加盟であっても、経営リスクは存在します。フランチャイズ本部の経営が悪化した場合、加盟店にも影響が及ぶ可能性があります。
また、市場環境の変化や競合の激化などによって、加盟店の売上や利益が減少する可能性もあります。

加盟希望者は、経営リスクを十分に理解し、対策を講じる必要があります。

具体的な懸念材料としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 加盟金やロイヤルティの回収が難しいのではないか?
  • 本部からのコントロールが厳しすぎないか?
  • 本部がの経営状態に不安はないか?
  • 市場環境の変化や競合の激化に対応できるのか?

加盟希望者は、これらの懸念材料を十分に検討した上で、加盟を判断します。

フランチャイズ本部は、これらの加盟希望者の懸念材料を解決することが重要となります。

フランチャイズ本部は、加盟金やロイヤルティの金額、本部からのコントロールの内容、経営リスクの程度などについて、しっかりと加盟希望者が理解できるよう努める必要があります。

当事務所では
フランチャイズ契約
業務委託契約等の

契約書作成のみならず
契約締結までの
サポートを行っております。


どうぞお気軽にお問い合わせください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です